急な用事が入っても大丈夫!楽しみにしていたドラマはしっかり録画

Panasonic 32V型 HDD(250GB)内蔵
ハイビジョン液晶テレビ“VIERA”

いまテレビの録画代行サービスが流行っています。著作権的には多少問題があるようですが、自分で見たい番組を自分が録画できない時に代行してもらえるのはすごく便利ですね。
代行料金も1,000円から2,000円程度なので気楽にサービスを受けることができます。
テレビ録画代行サービスは、ネットで探せばたくさんあります。UHFなど地域限定の放送でも録画代行サービスがありますので、日本全国どこのテレビ局が放映するものも見ることができる嬉しいサービスです。

録画代行業者

(1)ビデオ機器のトラブルで録画出来ない(2)地方在住だが首都圏のTV放送が見たい(3)海外在住者だが日本のTV番組が見たい(4)自分では衛星放送を見たいが受信機をもっていない・・・といったケースがあるとき、録画代行サービスは大変便利です。
ただこのビジネスはいつのまにか廃業していたり、閉鎖してしまうHPが多いのです。「録画ネット」問題でもわかるように、TV局からの苦情や警告、法的処置などでサービス停止に追い込まれたり、著作権に抵触する云々でプロバイダーや掲示板管理者に削除されてしまったというケースが多いようです。業者自身は仕事をしたいわけですから、会員登録なり一度発注なりして、閉鎖後もアクセスできるように事前にコネをつけておくことが重要です。

インターネットに接続した端末からのTV番組録画予約・視聴システム

テレビや録画再生機を持っていなくても、ネット上で録画予約から視聴までできるサービスもあります。
これは、業者が社内で録画しておいてユーザーにインターネット配信するサービスです。今後発展が期待される新しいサービスですね。ネット端末があればいつでもどこからでも視聴できるのが魅力です。
テレビを持っていなくてもパソコンを持っている人が多い現在、そして光など高速なブロードバンド環境がもたらしてくれた新しい形態ですね。

スポンサードリンク


【送料380円】66%OFF!Jダイエット-12日ティー24包約3.5g×24包★全品ポイント10倍!(P10倍)...

テレビ録画代行ビジネス

テレビ録画代行サービスは、テレビとビデオが有れば誰にでも在宅で簡単に出来るビジネスです。
このビジネスでの注意点は、あくまでも「録画代行」であるという事です。決して録画したものを販売してはいけません。著作権の問題が発生してしまいます。
このビジネスは主婦でもできますので、これからのサイドビジネスの1つとなるでしょう。